安全に注入するために|脂肪吸引のベイザーなら肌負担を少なくしながら脂肪吸引が可能

脂肪吸引のベイザーなら肌負担を少なくしながら脂肪吸引が可能

安全に注入するために

ドクター

持続力

ヒアルロン酸注射はくぼみに注入するだけの最小限の治療です。今は審美歯科でもヒアルロン酸治療ができるほどで、抵抗なく入れる人が増えています。基本的にヒアルロン酸というのは体に無害です。分解されやすく、いずれ自然になくなります。効果が持つのは平均的に1年ほどです。しかし、2年や3年ほど持つヒアルロン酸を使用している病院もあります。そうした分解されにくいヒアルロン酸は、不純物が混入してある可能性があります。分解されにくいと効果が持続するというメリットがあります。しかし、体内で石灰化してしこりになるリスクが高くなります。大事な体に入れるものなので、できるだけ純度が高いヒアルロン酸を使用することが大切です。

いろんな悩みが解消する

しわやたるみ、顔や体のコンプレックスなどにヒアルロン酸を注入すれば、それだけで悩みが解決します。眉間や額、口もとなどのしわの溝が深いと、実年齢よりも老けて見られる原因になります。ヒアルロン酸を入れればしわが目立たなくなり、ハリのある顔に若返ります。ほうれい線の治療、目の下のたるみやしわの治療に効果があります。また、ヒアルロン酸を活用すれば、平面的な顔立ちを立体的にすることができます。そうすうと化粧映えする顔になり、小顔効果もあります。シリコンやプロテーゼを入れる手術をすると、当然リスクも高くなります。しかし、ヒアルロン酸注射ならほとんどリスクがなく、ダウンタイムなしで長年の悩みを解消できます。