セルフケアで行き詰っているなら豊胸手術も視野に

new article list

2018/04/16
セルフケアで行き詰っているなら豊胸手術も視野に
2018/04/16
体への負担も少なくなってきている
2018/04/16
手術の費用はどれくらい?
2018/04/16
値段はどれくらいかかるのか

メスを使わない安全性の高い献血豊胸

今の時代のブームは大きくてふっくらとハリのあるバストです。女性らしさが一番出る体のパーツですから、バストのサイズや形などでお悩みの女性もたくさんいます。セルフケアではなかなかバストのサイズは大きくなってくれませんから、美容外科の豊胸を検討してみましょう。
豊胸というと、バストにシリコンバッグを入れたり、脂肪注入などの方法があります。メスを使った方法やダウンタイムが長い方法だと、日常生活にも影響が出てしまいます。そんなお悩みを解決してくれるのが最先端の献血豊胸です。自分の血液から血小板を取り出して、それをジェルにしてバストに注入する方法です。献血から注入までの時間はクリニックによりけりですが、だいたい2時間程度ですんでしまいます。メスを使わない安全な方法でダウンタイムもほぼありませんから、手軽にバストを大きくできます。
献血豊胸が優れている理由は、仕上がりがとても自然で柔らかく、自分の元のバストと全く区別がつかないところです。また、自分の血液の中の成分が使われていますから、体が拒絶反応を起こさず安全性が高いというメリットもあります。病院によってやっているところとやっていないところがありますから、まずは相談してみるのが良いでしょう。

自分の脂肪を移植できる豊胸手術がある

女性の価値は胸の大きさで決まるものではありませんが、それでもあまりにも小さすぎて、コンプレックスに苦しんでいる方も少なくないのではないでしょうか。そういった時、食事で大きくしようとするのは時間がかかりますし、成功率も高いとは言えません。確実なバストアップをしたいのであれば、豊胸手術を検討してみるのもいいでしょうね。
しかし、豊胸手術は、その手術という響きはとても危険なこと、痛いことをするのではないかと不安になってしまうものです。しかしそれは、よほど質の悪い美容外科でもない限り、そういった心配はまずしなくてもいいのです。一般的な美容外科では細心の注意を払って施術をおこなっていますし、最近では、豊胸の際に胸に入れる素材の選択肢も増えています。
以前はシリコンを入れるのが一般的でした。ボリュームもあるので、とにかく胸を大きくしたい方にはおすすめなのですが、人工物を体に入れるのに抵抗のある人もいるでしょう。最近では、自分の脂肪をそのまま胸に移植するといったプランも存在します。お尻や太ももなど、脂肪の多い部分から抜き取ることになるため、豊胸をしたついでに部分ダイエットをする、といったことも可能なのです。もちろん、アレルギーも起こらないので、豊胸に苦手意識のあった人にもぴったりです。

contents

値段はどれくらいかかるのか

バストアップは豊胸整形がオススメ! バストサイズに悩んでいる方は多いと思いますが、最近の美容整形は発展しているため色々な方法で豊胸することができます。美容外科で豊胸をする場合は、…

手術の費用はどれくらい?

胸を大きくする豊胸手術はどのような種類があるのか 胸が小さいためスタイルに自信が持てず悩んでいる方は多くいます。そんな悩みを解決する方法の1つに豊胸手術があります。豊胸手術には大…

体への負担も少なくなってきている

バストアップをより自然に導いてくれる 夏場になると水着などで肌を露出することが増えますね。そういう時、やはり男性に少しでも魅力的に思ってもらいたいという方は多いと思います。最初、…

セルフケアで行き詰っているなら豊胸手術も視野に

メスを使わない安全性の高い献血豊胸 今の時代のブームは大きくてふっくらとハリのあるバストです。女性らしさが一番出る体のパーツですから、バストのサイズや形などでお悩みの女性もたくさ…

TOP